ジャム作りの季節がやってきた!

ジャム作りの季節になりました!
ロンドンにいたころにも幸い野原にはブラックベリーが沢山咲いていて、それを摘んでは冷凍しケーキやデザートに使っていました。イギリス中、都会の中心以外はどこにでも見られるのがブラックベリーの茂みです。
今は田舎に暮らしていますので、家から少し歩くだけでブラックベリー摘みが可能です。ブラックベリーには恐ろしく尖った棘がたくさんあります。その上、ブラックベリーの茂みのそばには、イラクサが生えていて、触ると一日中ピリピリ。急いで摘んで、手や足にひっかき傷ができてしまうのも毎年この時期です。

野原に咲くブラックベリー
野原に咲くブラックベリー

マイケルマス(9月29日/Michaelmas<ミカエル祭>)以降は、”天使がブラックベリーに唾をかけるので食べてはいけない”という言い伝えがあるのですが、ブラックベリーは古くなると見た目は黒く輝いていても、中は腐敗していることが多いので、この言い伝えは理に適っていると思います。

摘み取ったブラックベリー
数日前に近くの野原で積んだブラックベリー
暑い日はプロセッコにブラックベリーを
暑い日はスパークリングワインのプロセッコにブラックベリーを
ブラックベリーとピーカンクランブルのケーキ
冷凍しておけば好きな時にケーキやデザートに使えます

先日は、娘たちのガーデンで採れたプラムがどっさり届きました。早速プラムジャムを作りました。

プラムジャム
プラムジャムは、香り、酸っぱさが特に程よくマッチした私の好きなジャムのひとつです

今年は少し出遅れてしまいましたが、近くの野原にはクラブアップルも実をつけています。イギリスでは通常果実が入っているものをジャム、またはプリザーヴと言います。そして果実が入っていないものをジェリーと言います。

枝になるクラブアップル
クラブアップルの重みで折れそうな枝

煮て柔らかくしたクラブアップルをジェリーバッグに入れて一晩置き、アップルから落ちる汁の最後の一滴まで使います。

アップルから汁を絞る行程
クラブアップルのジェリーは、イギリスの伝統的ジェリーのひとつ
クラブアップルジェリー
翌日砂糖を加え、少し煮詰めて出来上がり 一番簡単にできる保存食です

少し青く、少し黄色のクラブアップルが、ジェリーにすれば、ほらッ!こんなにきれいな色になります。(赤いクラブアップルもある。)

瓶に詰めたクラブアップルのジェリー
瓶に詰めて出来上がり

ジャムが保存食として作られ始めたのは石器時代だと言われます。古代ギリシャ人は蜂蜜を使って保存食を作りました。また世界で一番古いジャムのレシピは西暦300年代にローマ人によって書かれました。このように甘味を使った保存食は実に長い歴史を持っています。人は食料が絶えてしまうことに不安を感じ、”いつも保存できるものを用意しておきたい”気持ちは今も昔も変わりません。

第二次世界大戦時のこと。イギリス政府は、ジャム作りのために全国の婦人会に保存食を作るために1,400ポンドを支給しました。作られたジャムは1,600トンにも及んだとか。

アメリカでは通常ジャムのことをジェリーと言い、ジェリー(日本ではゼリー)のことをjello(正確にはjelloはJell-Oというブランド名)と言います。

初めてアメリカに行った時のこと。「ピーナッツバターとジェリーのサンドウィッチはいかが?」と言われて戸惑いました。頭の中に描いたのはピーナッツバターの上に、あのプルンプルンのゼリーを載せた、何とも奇妙なサンドウィッチです。それは単にピーナッツバターとジャムのサンドウィッチだったことを知ったのはずいぶん後のことでした。

スーパーマーケットに行けば、多くの種類のジャムやジェリーが並んでいます。でも何と言ってもお砂糖と果物だけで出来たホームメイドのものが味も、そして健康にも良い気がします。

木島タイヴァース由美子

1,916 views

1977年英国政府観光ガイド資格であるブルーバッジを取得。以来、現在にいたるまでイギリス全土にわたって旅行者を案内。2015年にカルチャーツーリズムUKを立...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧