パディントン駅で「くまのパディントン」巡りを楽しもう

くまのパディントン

日本でも人気の「くまのパディントン」はイギリスの作家、マイケル・ボンドの児童文学に登場するキャラクターです。
「暗黒の地ペルー」の地震をきっかけに船でイギリスへ密航し、パディントン駅でブラウン一家に出会い、くま語の名前が発音し難かった事から、出会った駅名「パディントン」と名付けられました。

プラットフォームに建つ2014年当時のパディントン像
パディントン駅のプラットホームに立つパディントン像 *2014年撮影

プラチナ・ジュビリーコンサートのオープニングでエリザベス女王と共演したことが話題になり一躍脚光を浴びたパディントンは人気再沸騰中です。パディントン3の映画の公開も決まり、時の人、ならぬ時のくま!のパディントンに会えるスポットをいくつかご紹介したいと思います。

パディントン駅のパディントン像

パディントン駅はオックスフォード、ウェールズ、バースなどからのナショナル・レールのターミナル駅、そしてヒースロー空港からの玄関口です。駅の構内には列車や乗り降りする乗客を見守るように、パディントン像が立っています。(注1:参照)

ホームに置いたカバンに座るパディントン像の後ろ姿
列車から降りてくる乗客に向かって立つパディントン像

観光客にも大人気でパディントン像と一緒に写真を撮る人でいつも賑わっています。

パディントン像と、その前に手向けられた多くの花束やマーマレード
「くまのパディントン」の作者マイケル・ボンドの命日に毎年花束やマーマレード、手紙などがファンから手向けられている

パディントン像の隣にはマーマレードサンドイッチを食べるパディントンと足元でサンドイッチを狙う鳩の絵が描かれたベンチがあります。その上にはこの場所で2013年秋に映画パディントンの撮影があったことを記すグリーンプラーク(ウェストミンスター区の文化遺産の記念板)が設置されています。

パディントンが描かれたベンチと、その後ろの壁にかかった緑のプラーク
パディントンのベンチとグリーンプラーク

注1:パディントン像は設置場所が度々変わり、2022年8月現在はエリザベスラインの開通に伴い、プラットフォーム1のパディントンベンチの左側に設置されています。

カバンに座ったパディントン
ぼくは時々お引越しするのでどこにいるか探してね~!

パディントン駅のパディントン・カフェ

パディントン駅のショップが連なる待合室の上の階に2021年にパディントン・カフェがオープンしました。

パディントン・カフェのレンガ調の壁に描かれたパディントン
壁に描かれた絵本の初版の絵本の挿絵

カフェの壁にはパディントンの初版の挿絵を再現した絵があり、マーマレードサンドイッチを持ったパンディントンが座っているベンチが置かれているのでここでもパディントンと記念撮影が出来ます。

パディントン・カフェに作られたマーマレードサンドイッチを持ったパンディントンが座っているベンチ
ベンチに座ってマーマレードサンドイッチを食べるパディントン

このパディントン像は2017年の映画「パディントン2」の公開時にパディントン駅に設置されていた像の再利用です。

バッキンガム宮殿の衛兵の絵が描かれた舞台のパネルの前に、マーマレードサンドイッチを手に座るパディントン
2017年にパディントン駅に置かれていたパディントン像

店内はパディントンの世界が広がり、ぬいぐるみや絵本、マグカップなども売られています。

カフェのテーブル、パディントンの縫いぐるみがディスプレイされている
大きなテーブルの真ん中に立つオレンジの木とぬいぐるみ

座席も工夫されていて大テーブルの真ん中にはマーマレードを作るのに欠かせないオレンジの木が立っていたり、木製のテーブルにはパディントンのシルエットの焼き印があったり、パディントンが発見されてロンドンへの旅の起点となった遺失物管理所のサインもあったり、子供から大人までパディントンの物語を存分に味わえる楽しい要素が盛り込まれています。

テーブルに押されたパディントンの焼き印、おなじデザインのティーカップに入ったラテアート
パディントンの焼き印入りテーブルと同じ柄のラテアート

コーヒーはパディントンにちなんでペルーのフェアートレードのシングルオリジンコーヒー豆を使っているところにも拘りを感じます。

パンやケーキが並ぶショーケースと上部にメニュー表のカフェ内カウンター
フードメニュー

ペストリーやマフィンなどのフードメニューも充実していましたが、肝心なマーマレードサンドイッチがメニューになかった事だけがちょっぴり残念なのでメニューに追加して欲しいとリクエストしてみようかしら?(笑)

パディントン・カフェの入り口から望む店内
パディントン・カフェの入り口

居心地が良い広々とした空間になっているのでターミナル駅の乗降客の喧騒を忘れて電車の出発時間まで過ごすのにも最適です。

パディントン・ストアでお買い物

パディントン・カフェの階下にはパディントン・ストアがあります。

パディントン・ストアの入り口から望む店内
パディントン・ストア

パディントンのぬいぐるみはもちろん、ここだけの限定のオリジナル商品もあるので是非立ち寄って見て下さい。
お店に入るとお出迎えしてくれるパディントン像は2014年の映画公開時に開催していた「パディントン・トレイル」の像の1つ。

マグカップやショッピングバッグの並ぶカウンターの奥に置かれたパディントン像
店内に置かれたパディントン像
写真1枚目のホームに置かれている像と同じ物

「パディントン・トレイル」は期間限定でロンドンの名所に有名人がデザインした約50体のパディントンの像が設置され、トレイルマップに記載されたパディントンを探しながらロンドン観光を楽しめる素敵な企画でした。
ちなみに私もロンドン中を駆け回りオフィシャルの50体(プラス、マップに載っていないスペシャルなパディントン何体か)を全て制覇しました!

ブルーのパディントン像
パディントン駅を出た運河沿いのブルーの像

その後、すべてのパディントン像はオークションにかけられ、そのうちの4体が現在もパディントン駅周辺に設置されています。

ゴールドのパディントン像
同じく運河沿いのM&S本社のカフェの入り口に置かれたゴールドの像

この4体のパディントンを見たい方は、パディントン・ストアで無料配布しているパディントン足跡マップ「THE PAWPRINT TRAIL」を貰うとパディントンの映画に関連した場所をお散歩しながらパディントン像を探すことが出来ます。

ロンドンの街並み柄のパディントン像
パディントン駅近くの公園に設置されたロンドンの街並み柄の像

パディントンのお店情報

Paddington Cafe
住所: The Lawn, Unit 22, Paddington Station, London W2 1HB
営業時間:9am-5pm

Paddington Store
住所: The Lawn, Unit 4, Paddington Station, London W2 1HB
営業時間:9am-8pm

2017年制作、2018年日本公開の『パディントン2』予告編
(現在、劇場での上映はありません)

【Amazon】

LARGE PADDINGTON WITH SCARF
¥6,950
スカーフをつけたパディントンのぬいぐるみ
おおよそのサイズ: 30cm (高さ) x 14cm (奥行き) x 21cm (幅) – 頭からつま先まで。

Chako

15,215 views

6年ちょっとの香港駐在を経て2013年より、夫と娘、20歳のダックスフンドとロンドンに暮らす。好きな事はお菓子作り、お料理、編み物、バレエ鑑賞、アンティーク...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧