英国式マナーハウスで愉しむクリスマスアフタヌーンティー

日本の湖水地方 琵琶湖の奥にひっそりと佇む英国式マナーハウス

ヴィクトリア時代、貴族から発祥した優雅なアフタヌーンティーの習慣。
英国のマナーハウスに招かれた気分でティータイムを過ごしてみたいと思いませんか?

日本人の私たちは、正式なアフタヌーンティーというと、
ホテルへ行き3段スタンドを前に行うイメージがありますが、
ヴィクトリア時代に考案されたアフタヌーンティーは貴族の館が発祥の地。
邸宅のお茶室ドローイングルームへゲストを招き入れ、マダムがおもてなしするのが
正統派のスタイルでした。

そんな、本来のスタイルに近いアフタヌーンティーを体験できる場所がマナーハウスです。
マナーハウスというと、礼儀作法のマナーと思われるかたもいらっしゃいますが、
英国のマナーハウス(MANOR HOUSE)というのは、広大な領地を所有する領主の館のこと。
豊かな自然を味わうことができるカントリーサイドに佇む伝統的な建物のまわりには、
イングリッシュガーデンや手入れの行き届いたハーブガーデン、コンサバトリー、
ゴルフ場や湖、馬場などがあり、時代を超え、古き良き英国貴族の華やかな暮らしを
体感することができる貴重な場所でもあります。

ローザンベリーマナーハウスは、琵琶湖から車で20分ほど走った多和田の丘にあります。
小さな山々に囲まれ霧に包まれた庭を散策していると、まるでイギリスの湖水地方に
迷い込んだような感覚になります。

ローザンベリーマナーハウス多和田の外観

ジョージアンスタイルの英国建築

ローザンベリー(ROSA&BERRY)は、バラやベリーが咲き乱れる美しいイングリッシュガーデンが広がる敷地に佇む正統派のマナーハウスです。

美しいシンメトリー(左右対称)の建物の外観にはイギリスから取り寄せた建材がふんだんに使われています。はちみつ色と表現されるコッツウォルズのハニーストーンやイングリッシュブリック、煙突には英国住宅のシンボルにもなっているチムニーポットまで設置され、
細部にまでこだわった建築様式となっています。

アプローチを進み館に足を踏み入れると、そこには見事なジョージアンスタイルのクラシカルエントランスが広がります。
白を基調にしたお部屋の天井には、大きな英国製のメダリオンとシャンデリア、壁には繊細なレリーフのモールディング、そして目を引くのが中央に設置されているマントルピース。
イギリスから直輸入したアンティークのマントルピースの上部にミラーにシャンデリアが
映り込み、優雅な空間をいっそう華やかに彩ります。

白を基調にした部屋の天井に、大きな英国製のメダリオンとシャンデリア、壁には繊細なレリーフのモールディングと中央に設置されたマントルピース

奥へ進むと、ウエッジウッドブルーと名付けられたお部屋。
眩しいほどに鮮やかなペールブルーの壁紙と、古代ギリシャやローマをモチーフとした
装飾パネルや室内装飾は、18世紀に新古典主義が大流行していた時代のジャスパーの
世界観が見事に表現され、まさにブルードローイングルームといった趣です。

ウエッジウッドブルーと名付けられたお部屋

憧れのブルードローイングルームでアフタヌーンティー

ここローザンベリーマナーハウスでは、定期的に予約制のアフタヌーンティーやスイーツ
ビュッフェなどのイベントを開催するほか、季節にあわせたテーブルレッスンや
フラワーアレンジメントレッスンなどの催しが開かれています。

今回、「英国式クリスマスのおもてなしとアフタヌーンティー」というテーマの
イベントを開催し、ゲストのみなさまと一緒にショートトリップ気分を味わいました。

英国国教会ならではのクリスマスシーズンの過ごしかたをお話しながら、
クリスマスディナーに欠かせないクリスマスクラッカーを製作したあと、
アフタヌーンティースタンドがセッティングされたドローイングルームの扉がオープン、
歓声が沸き起こります。

ウエッジウッドブルーの壁紙に映える真っ白なクリスマスツリーやイングリッシュガーデンで育てられたフレッシュのモミの木や赤い実で彩られた空間に、シェフ特製のセイボリーやペイストリーなど、色とりどりのティーフーズが並びます。

白いクリスマスツリーの飾られた部屋でのアフタヌーンティー

なかでも、ここローザンベリーマナーでしかいただくことができないスペシャリティーが
フルーツティー。イングリッシュガーデンの果樹園で摘み取ったぶどうを使った
フレッシュフルーツティーは甘みと酸味のバランスが素晴らしく、ここでしか味わうことが
できない至福の一杯です。

日本で巡る小さなイギリス…。
敷地内には「ひつじのショーン」ファームガーデンもありイギリスの丘陵にいるような
体験ができたり、季節によっては美しいイルミネーションを眺めることもできます。
大人も子どもも愉しめる、まさにカントリーサイドのアフタヌーンティープレイスです。

<DATA>

秋景色のローザンベリー多和田

English Garden ローザンベリー多和田
住所 滋賀県米原市多和田605-10 
   TEL:0749-54-2323

アフタヌーンティー及びイベントは完全予約制です。
詳細は公式HPで確認ください。
https://www.rb-tawada.com/


★★藤枝理子さんの書籍紹介★★

Amazonでご購入いただけます
英国式アフタヌーンティーの世界
藤枝理子(著)

¥1,980 単行本

藤枝理子

1,834 views

RICO FUJIEDA アフタヌーンティー研究家 東京都世田谷区にて紅茶教室「エルミタージュ」を主宰。 紅茶好きが嵩じてイギリスに紅茶留学。帰国後に東京初...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧