イギリス料理「ソーセージロール」

四季を通じて庶民に愛される軽食

イギリス庶民の愛する軽食のソーセージロールはこだわりの食材を扱うデリカテッセン、スーパーマーケット、パイショップ、精肉店の惣菜としても売られていて、いつでも小腹が空いたら気軽に買うことができます。サクサクのパイの中にハーブの効いたお肉が入っています。

こんがり焼きたてソーセージロール
こんがり焼きたてソーセージロール

私は特にこのソーセージロールは冬に屋外で食べるのが好きなんです。
焼きたてのソーセージロールを紙の袋に入れてくれるので、袋から食べる分を小出しにして熱々を頬張る。温かい湯気とハーブの効いたお肉の味と香りがフワ~とお口に広がります。
もちろんこのソーセージロールは冬の食べものというわけではなく、暖かい季節はピクニックのお供として親しまれています。私は、どちらかといえば焼きたての温かい方がソーセージロールの美味しさを感じてもらえるのではないかと思います。

パイ生地2種

パイ生地はサクサクした日本でも馴染みの深い、何層にも重なったパフペーストリーと呼ばれるものと小麦粉、バターやラード、水を混ぜ合わせて作るホロホロサクッとしたショートクラストペーストリーというものがあります。ソーセージロールはどちらの生地でも作られていますが、全く異なる歯触りと舌触りです。ちょっと小洒落たカフェなどでは最近はショートクラストペーストリー、逆に誰もが買いやすいような庶民のチェーン店はパフペーストリー、ということが多いような気がします。

イギリス人はソーセージロールがお好き

我が家にもよく登場するソーセージロール
我が家にもよく登場するソーセージロール

私はバースというロンドンの次に観光が多い所に住んでいます。今はコロナでロックダウン中なので閑散としていますが、通常は海外からはもちろんイギリス国内からも季節問わず観光客で溢れ返ります。ホットドックの屋台やインド系のカレーやスナックを売っている持ち帰り専門店、バゲットサンドとドリンクがお得セットで持ち帰り可能なカフェなど、観光客が時間を取られずランチやスナックにサクッと食べられるようなものを提供しているお店が多くあります。

バースアビー付近
バースアビー付近

観光客ウォッチングをしていると、このソーセージロールはやっぱりイギリス人が食べている姿をを見かけることが多いです。
うちの主人もイギリス人なのでご多分にもれず、出かけた時にお腹がすくとよくソーセージロールを注文しています。やっぱりイギリス人だなぁと感じる瞬間です。

観光地での出来事

観光地にはホームレスの方がいます。
イギリスではキャッシュレスでクレジットカードが主流なので最近は現金を持ち歩いている人も少なく、仮に現金をあげてもドラッグを買ってしまうホームレスもいるので、食べ物をあげた方がいいと考える人も少なくありません。この前は熱々のソーセージロールを渡している姿に遭遇しました。寒空のランチタイム、温かいソーセージロールはきっと心と体も温めてくれたことでしょう。

ミルクティーとの意外な関係

サクサクしたパイ生地に包まれたソーセージロール。実はパイ生地が程よくミルクティーで潤ってよく合います。
紅茶というとどうしても甘いものと合わせると思ってしまいがちですが、こんな食べ方もおすすめします。おつまみのようなパイにはビールと思い込んでいたのですが、ビール党の私もソーセージロールはやっぱりミルクティーって思います。ストレートではなくミルクティーがやっぱり大事なポイントです。

買った方が実は安いのでは?と思う料理の一つですが、やっぱり自分のオーブンで手作りソーセージロールを焼きあげると幸せな気持ちになることができます。
通常はソーセージミートというものが売られているので、それをパイ生地で包めばさらに簡単に作れますが、日本やその他の海外の皆様は手に入りにくいのでひき肉とハーブで作るシンプルな具をご紹介します。

ソーセージロール《レシピ》

冷凍パイ生地があれば簡単に作れるソーセージロール
冷凍パイ生地があれば簡単に作れるソーセージロール

材料 4本分

冷凍パイシート(10㎝ ×10㎝)4枚
溶き卵 1/2個分

A
豚ひき肉 180g
塩 小さじ1/2弱
黒胡椒 小さじ1/2弱
ドライタイム 小さじ1/4~1/2 好みで調節
パン粉 大さじ1
牛乳 大さじ1
溶き卵 大さじ1
事前準備
冷凍パイシートを解凍しておく。

作り方

1.オーブンを200℃に予熱する。

2.ボウルにAを入れて粘り気が出るまで混ぜる。

ハーブの効いた具
ハーブの効いた具

3.冷凍パイシートを綿棒で軽く伸ばす。

4.3の真ん中に4等分にした2を親指ぐらいの長さにして置く。

5.パイシートの縁に溶き卵を塗り半分折りにして橋をフォークの背で押し付けて留める。

パイ生地で具を包む
パイ生地で具を包む
フォークの背で生地を留める
フォークの背で生地を留める

6.天板にオーブンシートを敷き、その上に5をのせて、表面に刷毛で溶き卵を塗りオーブンに入れて25分前後焼いて完成。

オーブンから出したてのソーセージロール
オーブンから出したてのソーセージロール

ポイント
各オーブンによって別の伝わり方などが違うので様子を見ながら焼き時間は調節する。

おすすめHPソース

HPソース

家で作って食べる時はHPソースが我が家では必須。
英国王室のお墨付きであるRoyal Warrantも授与されています。
見た目はとんかつソースに似ていますがもう少し酸味が強く大人味。
最初は正直すごく好きと思えなかったのですが、ひき肉やベーコンと付け合わせるとさっぱり美味しく食べれるようになり今では大好きな調味料の一つになりました。
ソーセージロールは特にこのHPソースがよく合います。
この組み合わせでイギリスの美味しいを堪能でいること間違いなしです。


HPソース 255グラム瓶入り
¥565 + ¥1,199 配送料(2021年3月12日時点)
https://amzn.to/3crJW5t

HPソース 450グラムボトル
¥875 + ¥1,199 配送料(2021年3月12日時点)
https://amzn.to/30Am9e1

※商品名または左の画像クリックでAmazonサイトへリンクします。

エリオットゆかり

5,277 views

イギリス在住料理研究家 イギリス人の夫、23歳の日本在住の長男(現在ロンドン在住)、21歳の長女の4人家族。 2000年にイギリスに移住 食をメインにイギリ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧