ブリティッシュパイウィークに『マギー・ジョーンズ』(Maggie Jones)でパイをいただく
コテージパイレシピ付き

ブリティッシュパイウィーク

毎年3月の第一週目はブリティッシュパイウィークと称して家族でパイを作って楽しみましょう!と2007年にパイシートメーカーの”Jus-Rol”によって開始されました。
イギリスはパイ愛好家の国、お食事系のセイボリーパイや甘いデザートパイ、クランブルなど種類も豊富。パイウィークの一週間に好きなパイを作ったり、パイだけでなくピザなどなんでも好きな物を食べたりして美味しく過ごしましょうと言う楽しい企画。
ネットで検索されたイギリスで人気のパイレシピのトップ5は、

1.コテージパイ
2.フィッシュパイ
3.シェパーズパイ
4.チキン&リークパイ
5.チキンとマッシュルームのパイ

という結果が出ています。

ケンジントンの隠れ家レストラン『マギー・ジョーンズ』(Maggie Jones)

イギリスは食に関する楽しいイベントが多いように感じます。そしてこのパイウィークを楽しめる私がお気に入りの、本当は内緒にしておきたい、とっておきの隠れ家レストランをご紹介します。

看板がかかったマギー・ジョーンズのお店の外観
マギー・ジョーンズの看板

ケンジントンパレスに程近い小道にひっそりと佇んだブリティッシュレストラン、マギー・ジョーンズ。

マギー・ジョーンズ店内の食器棚とそこに並ぶアンティークの食器
アンティーク食器の並んだ食器棚

アンティーク家具とアンティーク小物をあしらった素敵なインテリアの店内。

上部フロアーにはセンスの良い調度品でまとめられたテーブル席がある
木でまとめられたテーブル席
上のフロアーのインテリア

居心地が良く、素朴で、カジュアルながらロマンチックな雰囲気のフレンドリーなマギー・ジョーンズは40年以上ケンジントン界隈の地元の人に親しまれています。メニューはアンティークインテリアにもしっくり合うクラシカルなイギリスの伝統料理。

マーガレット王女が好んだチキン&アーティチョークパイ

こちらのレストランで今年は3月7日の週のパイウィークに、通常サイズのパイだけでなくミニパイを3つ選べる特別ランチコースがありました。

パイウィークでテーブルに並べられたお皿の上のパイの数々
パイウィークのシェパーズパイ、フィッシュパイ、ベジタブルパイのミニパイ

パイと言ってもいわゆるパイペイストリーを使ったものだけではなく、シェパーズパイ、コテージパイや、フィッシュパイはマッシュポテトが上に乗ったパイです。パイウィークのパイメニューは、シェパーズパイ、ステーキ&キドニーパイ、チキン&アーティチョークパイとフィッシュパイ、ベジタブルパイ。特に今年はエリザベス女王のプラチナジュビリーを記念してエリザベス女王の妹のマーガレット王女が生前、マギー・ジョーンズに通っていらした際にお好きだった、チキン&アーティチョークパイがパイウィークの特別メニューに追加されました。

通常サイズのチキン&アーティチョークパイ

フィッシュパイはエビやホタテ、タラなどが入ったクリーミーなソースと塩味が効いたマッシュポテトが絶妙な塩梅で人気メニューの1つ。

マッシュポテトがたっぷり乗ったフィッシュパイ
マッシュポテトがたっぷり乗ったフィッシュパイ

ラムひき肉を使ったシェパーズパイとフィッシュパイは、パイウィーク以外の時の通常メニューでもいただけます。

テーブルに並ぶシェパーズパイとバンガーズ&マッシュ
シェパーズパイとバンガーズ&マッシュ

コテージパイのレシピ

イギリスの人気ナンバーワンに輝いたコテージパイのオリジナルのレシピをご紹介します。
お味の決め手はリー&ペリンのピリ辛ウースターソース!日本でも簡単に手に入るようなので是非お試し下さいね。

焼きあがった耐熱皿の上のコテージパイ
コテージパイ
リー&ペリンソースのボトル
リー&ペリンソース

材料 コテージパイ 3、4人分

<ミートソース>

  • 牛挽肉: 500g
  • 玉ねぎ: 1個 みじん切り
  • にんじん: 中位のサイズ2本 みじん切り
  • セロリ: 1本 みじん切り
  • シャロット: 1個 (またはにんにく1かけ) みじん切り
    ※シャロットは下の材料写真参照
  • ビーフストック: 400ml(水400ml +ビーフキューブ1個でも可)
  • 赤ワイン: 50ml
  • 小麦粉: 大さじ1
  • トマトペースト: 大さじ1
  • ウースターソース: 大さじ2
  • フレッシュタイム: 2、3枝
  • ベイリーフ: 1枚
  • お塩: 小さじ1/2、胡椒、オリーブオイル

<マッシュポテト>

  • じゃがいも: 800g
  • 牛乳: 200~300ml
  • バター: 10g
  • チェダーチーズ(削る): 100グラム
  • ナツメグ: 少々
材料、写真右下は小さな玉ねぎのようなシャロット

作り方

  1. ソースパンまたはフライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し中火で牛挽肉を炒める。火が通ったらお皿に取り出し、オイルを足してみじん切りした玉ねぎ、にんじん、セロリをしんなりするまで炒める。
  2. 火を強めてみじん切りしたシャロット(又はにんにく)、小麦粉、トマトペーストを順に加え、その都度さっと炒め、取り出しておいた牛挽肉も加える。
  3. 赤ワインを加え煮立たせてアルコール分を飛ばしたら、ビーフストック、ウースターソース、タイムの枝、ベイリーフを入れて沸騰させる。火を弱め20分ほど蓋をしないで煮込む。
  4. コトコト20分ほど煮込んだら火を強めてグレービーがお肉にしっかり絡んで艶が出るように水分を飛ばして、タイムの枝とベイリーフを取り出しお塩、胡椒で味を整えて濃い目のソースに仕上げる。
耐熱皿を使って調理中のミートソース
ミートソース

マッシュポテト
(ミートソースを煮込んでいる間にマッシュポテトを作る)

  1. 大きめのお鍋に皮を剥いて角切りにしたじゃがいもとたっぷりのお水とお塩を入れて沸騰させ、沸騰したら弱火にして柔らかくなるまで茹でる。
  2. 柔らかく茹だったらお湯を捨て、数分火にかけて水分を飛ばす。
  3. 火を止めてマッシュし、バターを加え、牛乳を少しずつ加えて滑らかなマッシュポテトに仕上げる(牛乳の量は加減) チェダーチーズ100gの3分の2を加え混ぜる。

最後に耐熱皿にミートソースを入れ、上にマッシュポテトを乗せてフォークで柄を付ける。
または星形の口金を付けた絞り袋でマッシュポテトを絞って柄をつける(その場合は緩めのマッシュポテトを作る)
残りのチェダーチーズをふりかけて200度に予熱したオーブンで25~30分焼く。

ミートソースの耐熱皿にマッシュポテトを盛り付け
マッシュポテトを絞って飾り付けたところ
お皿に取り分けたコテージパイ

マギー・ジョーンズお店情報

Maggie Jones
6 Old Court Palace, Kensington Church Street, W8 4PL
Tel: +44 20 7937 6462
営業時間: 月~金 12-2pm 5-9pm /土日12-9pm
HP: http://www.maggie-jones.co.uk

マギー・ジョーンズ店内でいただくお料理
インテリアもおしゃれなレストラン「マギー・ジョーンズ」

Chako

15,217 views

6年ちょっとの香港駐在を経て2013年より、夫と娘、20歳のダックスフンドとロンドンに暮らす。好きな事はお菓子作り、お料理、編み物、バレエ鑑賞、アンティーク...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧