夏の終わりの『ENGLISH SUMMER FAIR in Haramura』でガーデンピクニック体験

ENGLISH SUMMER FAIR in Haramuraに行ってきました。

8月26日~28日まで八ヶ岳中央高原原村にあるカントリーマナーホテルWandsworth(ワンズワース)で開催された、『ENGLISH SUMMER FAIR in Haramura』に行ってきました。

カントリーマナーホテルWandsworth(ワンズワース)のガーデンから建物の外観
建物外観

このENGLISH SUMMER FAIR in Haramuraは2016年より始まり今年で5回目。(コロナ禍で中止あり)
イベントは多方面で活躍されるイギリスのエキスパートの皆様による出店や、セミナー、イギリス音楽のコンサート、イギリスコンウォール出身ジェントルマンのお話会など多岐に渡っていました。
その中でわたしは、当UK Walkerでもコラムを寄稿されている、House of potteryの荻野洋子さんと紅茶のプロフェッショナル奥川伊津子さんによる「Garden Picnic Seminar」に参加しました。

Wandsworth(ワンズワース)は、車だと中央道で山梨県から長野県に入ってすぐの、長野県諏訪郡原村のペンションビレッジの中にあります。
イギリスを思い起こさせるはちみつ色のレンガが積み重ねられたWandsworthと書かれたエンタランスの左手には、数々の花々や木々が生い茂るガーデン、右手にはコンサバトリーを要した立派な建物があります。

ワンズワースのエントランス石積みの壁にWandsworthの文字が描かれ、横にはイングリッシュフェア開催の看板が掛けられていた
レンガで作られたエントランス

今回のイベントは建物の入り口を入ると、オーナー佐藤さん(通称Hattieさん)が作られた、コーニッシュパスティやスコーン、鎌倉山House of Potteryさんのブリテッシュフード、UK Walkerでおなじみ林敦子さんのEnglish Kitchenのジャムやチャツネ、Stillroomsさんの紅茶やコーディアル、ほかにアンティーク、帽子やお洋服の販売など盛りだくさんなラインナップでした。

ディスプレイに飾られている英国菓子の入ったハンパーと、その奥にはコーニッシュパスティが載ったカウンター
ハンパーに入った英国菓子
カウンターに並んだコーニッシュパスティやスコーン
カウンターに並んだコーニッシュパスティやスコーン
窓際のテーブルや窓枠に並べられたEnglish Kitchenのジャムやチャツネ
English Kitchenさんのジャムやチャツネ
Stillroomsの紅茶やコーディアル
Stillroomsさんの紅茶やコーディアル

そして入口の奥にはダイニングルーム、2階に上がるとホール、わたしは宿泊しなかったのでわかりませんが、2階3階は客室があるようでした。
建物内はとにかく素敵。

シャンデリアがかかったダイニングルームのテーブルには植物が飾られていた
ダイニングルーム
ホールに置かれたマナーハウスにマッチした風情の椅子やテーブル
ホール
センス良く壁際に据えられたアンティークやポットなどの並んだ棚
アンティークやポットなどの並んだ棚

「Garden Picnic Seminar」でガーデンピクニックを体験

さて、わたしが参加したセミナーはガーデンで開催されたのですが、このガーデンも先日渡英した際に見てきたイングリッシュガーデンそのもの。
パラソルや白いイギリス風ガーデンテーブルやチェアーに気分が上がり、運ばれた鎌倉山House of potteryさんのセイボリーや英国菓子のワンプレートに、同行してくれた友人と、「わーおいしそう!」と叫んでしまいました。

ガーデンに置かれた白いクロスがかかったテーブルに置かれたピムズティーとセイボリーや英国菓子のワンプレート
奥川伊津子さんオリジナルのピムズティーと
House of potteryさんのセイボリーや英国菓子のワンプレートののったテーブル
セイボリーや英国菓子のワンプレート
House of potteryさんのセイボリーや英国菓子のワンプレート

セミナーではまずHouse of potteryの荻野洋子さんのイギリスのピクニック事情のレクチャーのあと、奥川伊津子さんオリジナルで夏の終わりと秋の初めにピッタリなアイスティー2品、ホットティー2品のレクチャーを受けました。

テーブルに置かれた4層に分かれたオリジナルアイスティーのグラス
奥川伊津子さんオリジナル
4層に分かれたオリジナルアイスティー
フルーツティーの準備をする荻野さんと奥川さん
フルーツティーの準備をする荻野さんと奥川さん

原村のすがすがしい空気を吸いながら、外で頂くお料理や紅茶はより一層おいしく感じました。
夏も気温が日本ほど高くなく日没が遅いため、夜9時過ぎても明るいイギリスではガーデンピクニックや外でのお食事が盛んなそう。
都会のような蒸し暑さがない原村はイギリス気分に浸るにはぴったりの場所でした。

お料理自慢のWandsworth(ワンズワース)

Wandsworthはお料理もおススメです。
宿泊しないでも予約すれば頂ける朝食やディナーのほか、ブリテッシュやフレンチデリ、スイーツのイートインやテイクアウェイのできるHATTIE’S DINING(季節によって営業内容が変わります)では、オーナー佐藤さん(通称Hattieさん)が作られるおいしいお料理やお菓子を頂くことができます。
わたしもコーニッシュパスティと牛すじ肉のカレーをお持ち帰りしましたが、これがもうおいしいのなんのって。
お取り寄せできたらまたお取り寄せしたいと思っています。

エマ・ブリッジウォーターのお皿にのせたコーニッシュパスティ
お持ち帰りしたコーニッシュパスティ

ぜひ訪れてみてください

佐藤さんがWandsworth(ワンズワース)を始めたきっかけは、ご主人の「しがらみのない場所へ、最後は山で終わりたい」という一言がきっかけだったそう。
そしてもともとはペンション業を営む計画はなかったそうですが、物件を探していてたどり着いたのがペンションビレッジの物件であったたため、ペンション開業となったそうです。
それがいまやWandsworth(ワンズワース)イコール「The Hattie(佐藤さんそのもの)」となり、共感してくださるお客様にとっての癒しの場所となるように、スタッフさんに支えられながら営んでおられるそうです。
わたしがうかがった時、目立たつことなく、さりげなくイベントの様子を見守られているご主人の姿も印象的でした。

そんなHattieさんの思いがぎっしり詰まったカントリーマナーハウスWandsworth(ワンズワース)で、ひと時日常を忘れてリラックスされてはどうでしょうか。

ワンズワースへようこそ – Wandsworth -Country Manor Hotel-


【広告<楽天市場>】

【送料無料】原村 きよみず農園 八ヶ岳 ミニトマト 100% ジュース(無塩) 1L 2本セット
【送料無料】1年中美味しい ミニトマト 1.2kg(4パック) 酸味と甘味と旨味のバランスがいい 皮が薄く甘い 原村 きよみず農園 八ヶ岳

koko

17,852 views

イギリスが好きで編み物が好き 長男のイギリス大学進学をきっかけにイギリス好きに 残念ながら彼の在学期間4年の間は、仕事の関係でたった1回しか渡英できず・・ ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧