アフタヌーンティーとキュウリのサンドイッチ

キュウリのサンドイッチが最高のおもてなし?

イギリス人の邸宅にアフタヌーンティーに招かれると、必ず登場するのが「キュウリのサンドイッチ」。
紅茶留学中に初めてキューカンバーサンドにご対面したときには、「えっ、具材がキュウリだけ? 何だか”かっぱ巻”みたい…」とシンプルすぎるサンドイッチに驚きを隠せませんでした。イギリスといえば、やっぱりローストビーフやサーモンのゴージャスな具材のサンドイッチが出てくるのかしら…と楽しみにしていたのです。
しかも、キューカンバーサンドはアフタヌーンティーのティーテーブルには欠かせない【テーブルの上の貴婦人】とまでいうのですから、驚きは疑問に変わりました。

理由をたずねてみると…。
現在はイギリスのスーパーマーケットなどで気軽に並んでいるキュウリですが、アフタヌーンティーが発祥したヴィクトリア時代、大変貴重な食材だったそうです。
気温が低いうえ日照時間も少ないイギリスの気候。そんな中でも季節を問わずキュウリを育てようと、貴族たちは庭に構えた温室で競い合ってキュウリを作っていたといいます。オレンジを育てたり、保存したりするためのオランジェリー同様に、財力を示すステイタスシンボルだった…というわけです。

その貴重なキュウリだけで、今日はあなたのためにサンドイッチを作りましたよ…それは最高のおもてなしの証。何らかの都合できゅうりのサンドイッチを出すことができなければ、料理長のクビがとぶ……ということもあったほど、重要な役割をしていたようです。

その名残りで、今でもフォーマルなアフタヌーンティーの場合には、このキューカンバーサンドが必ず登場します。知らないと、「あら、ほかの具材入れ忘れちゃったのかしら?」なんて思いますが、それは大切なおもてなしの表れと受け取ってくださいね。

食パンの上にキュウリのスライスを並べ、キューカンバサンドイッチを作る

「ガーデンミュージアム」で見つけたキュウリ矯正器具

ロンドンでいち早くアフタヌーンティーを取り入れた格調高いホテルのひとつ、ホテル・リッツのアフタヌーンティーブックの中にも、<キューカンバーサンドイッチはティーテーブルの貴族です。優雅で洗練され、非の打ち所がありません。>と賛美の言葉が並べられています。

そこまでキュウリにこだわる理由を知りたくなり、ロンドンにあるガーデンミュージアムを訪ねてみました。

ガーデンミュージアムの入り口

するとそこには、<キューカンバーストレイナー>なる不思議なガーデンツールが展示されていたのです。何やら巨大試験管のようなガラス管なのですが、よく見るとちょうどキュウリ一本分が入る大きさです。

聞くとこれは、キュウリ矯正器具。完璧主義者で曲がったことが大嫌いなヴィクトリア朝の園芸家が、見た目はもちろん、味にも影響を与えるキュウリのねじれを矯正するための器具を考案したそうです。1本ずつシリンダーに入れられて作ったキュウリは言葉通り”温室育ち”というわけです。

ほかにも、現代では考えもしないような園芸グッズが100点以上並んでいます。
ミュージアムとはいっても、教会を利用した小さな建物と庭。そこに、昔のガーデニンググッズや古書、貴重な資料が展示されていて、ガーデニング大国イギリスらしいユニークな施設です。敷地内には、アート、料理、ガーデニングなどの体験型アクティビティを行うスタジオや、ベストレストラン賞を受賞したガーデンカフェもあります。ガーデンを眺めながらいただくトラディショナルな英国菓子と紅茶は最高。イギリスの庭やガーデニングに興味があるかたは、ぜひ訪ねてみてください。

Garden Museum
住所:Lambeth Palace Rd, London SE1 7LB
TEL:+44 (0) 20 7401 8865
http://www.gardenmuseum.org.uk/

古くに使われていた園芸グッズが展示されたガーデンミュージアムの内部

英国風キューカンバーサンドイッチを作ってみよう

甘くて粉モノが多いアフタヌーンティーの中で、さっぱりとみずみずしいキューカンバーサンドは、格別の美味しさに感じるから不思議です。
ちなみに、日本のキュウリとイギリスのキューカンバーを比べると、大きさも味もだいぶ違いますのでご注意を。見た目もキュウリというよりウリに近く、新鮮なキュウリを朝摘みのミントとあわせてサンドイッチにすると、シンプルながら最高に紅茶にマッチするのです。
故ダイアナ元妃も大好物だったというキューカンバーサンドイッチ。簡単で美味しい英国家庭の味をご紹介します。

キューカンバー&ハーブクリームサンドイッチ

材料 <8切分>

サンドイッチ用食パン 4枚 キュウリ 1本  サワークリーム 50g  
好みのハーブ(ペパーミント・チャイブなど) レモン汁 塩・こしょう 適量

  1. サワークリームをやわらかく練り、細かく刻んだハーブ、塩、こしょうをくわえ、軽く混ぜます。
  2. キュウリはヘタを落とし、パンの長さにあわせてカットし、スライサーで薄くスライスし、レモン汁、塩、こしょうをふります。
  3. 食パン4枚に1を全体に伸ばしてのせ、そのうちの2枚に水気を切ったキュウリを少しずつずらしながら並べ、残りのパンを重ねサンドします。
  4. キッチンペーパーやラップで包み、しばらくやすませたあと、上から軽く押さえながら、食べやすい大きさにカットします。
テーブルに並べられたキューカンバサンドイッチとティーセット

★★藤枝理子さんの書籍紹介★★
Amazonでご購入いただけます
英国式アフタヌーンティーの世界
藤枝理子(著)

¥1,980 単行本

※藤枝さん主宰の『英国紅茶教室エルミタージュ』は、こちらで!

藤枝理子

11,163 views

RICO FUJIEDA アフタヌーンティー研究家 東京都世田谷区にて紅茶教室「エルミタージュ」を主宰。 紅茶好きが嵩じてイギリスに紅茶留学。帰国後に東京初...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧