英国大使公邸で開催のスコティッシュアフタヌーンティー・レセプション

過日、スコットランド政府よりマイケル・マセソン、ネットゼロ・エネルギー運輸大臣が来日され、スコットランドにインスピレーションを受けた、スコティッシュアフタヌーンティー・レセプションが開催されました。
UK Walker編集部はスコットランド国際開発庁の方よりご招待いただき、イギリス大使公邸に伺いましたのでご紹介します。

英国大使館の正面
英国大使館
英国大使公邸の正面玄関
英国大使公邸

スコットランドはグレートブリテン島の北部1/3を占め、首都エディンバラは美しい街並みが世界遺産に登録されています。

レセプションでは最初にジュリア・ロングボトム駐日英国大使よりご挨拶があり、その後スコットランドのマイケル・マセソン、ネットゼロ・エネルギー運輸大臣からスコットランドの洋上風力や温室効果ガスの排出をゼロにするという目標のお話しがありました。

演壇に立つジュリア・ロングボトム駐日英国大使
ジュリア・ロングボトム駐日英国大使
演壇に立つマイケル・マセソン、ネットゼロ・エネルギー運輸大臣
マイケル・マセソン
ネットゼロ・エネルギー運輸大臣

当日は残念ながらそのあとの予定があり、スコッチウィスキーやスコットランドのビールなどのアルコールは我慢、スコッチエッグやハギスボールなどのスコットランド料理や、数々の種類のお菓子を頂きました。

レセプションのテーブルに並ぶスイーツの数々
レセプションに用意されたお菓子
スコットランドの民族衣装キルトをまとってのバグパイプ演奏
バグパイプの演奏

また、会場ではバグパイプの演奏もあり、スコットランドらしくレセプションを盛り上げてくれました。

スコットランドといえばスコッチウィスキー、ショートブレッド、タータンチェックなどが思い浮かびますが、当日はたくさんのスコットランドブランドが展示されていましたので、その中のいくつかをご紹介させて頂きます。

■TOMATIN ~トマーティン~

トマーティン蒸留所のシングルモルトウイスキーのボトル

シングルモルトウイスキー
トマーティン蒸留所は、2013年にスコットランドで初めてバイオマスボイラーを導入し、すでに80%のCO2排出量を削減しています。

Tomatin Highland Whisky
英語サイト:https://tomatin.com/
日本語サイト:https://www.kokubu.co.jp/brand/liquors/tomatin/

■Blacklsle Beer ~ブラックアイルビール~

テーブルに並ぶ赤、青、黒のブラックアイルビールの缶

100% オーガニッククラフトビール 工場で作られるビール
BlackIsleビール工場では、環境への影響を最小限に抑え、生物学的多様性を最大化する新しい方法を模索し、1998年以来、消費者にオーガニックビールを飲んでもらうための活動を行っています。そして自然環境を守るために合成農薬や除草剤を使用せず、自然栽培の大麦とホップから醸造されています。

Black Isle Brewery
オフィシャルウェブサイト(英語):https://www.blackislebrewery.com/

■ANTA ~アンタ~

スコットランドの風景からインスピレーションを得たホームファニシングとテキスタイルのブランド。
使用する素材、生産工程、使用する消耗品のすべてが、可能な限り地球に負荷を与えないことを最も重要視しています。

Luxury Home Furnishings & Gifts Made in Scotland | ANTA
オフィシャルウェブサイト(英語):https://www.anta.co.uk/

■Edinburgh Natural Skincare ~エディンバラ ナチュラルスキンケア~

天然素材100%、混じりけ無しの美容化粧品ブランド。
リサイクルや再利用可能な環境に優しいパッケージで、廃棄物を最小限に抑えるよう努めているそうです。

Edinburgh Natural Skincare

オフィシャルウェブサイト(日本語):https://ensjpn.com/

■ROCIO ~ロシオ~

アカシアの倒木と伐採から、ひとつひとつ丁寧に作られた高級バッグ。
グラスゴー出身のHamish Menzies氏によってデザインされたRocioのバッグは、2ヶ月以上かけて19の工程を経て丁寧に作られています。

ROCIO JAPAN Official Site

オフィシャルウェブサイト(日本語):https://rociojapan.co.jp/

■Johnstons of Elgin ~ジョンストンズ オブ エルガン~

1797年以来、天然素材、再生可能、生物分解可能な繊維を使用しており、毎年環境負荷の低減に取り組んでいるブランド。
世界最高級の繊維を使った革新的で洗練された製品はスコットランドの奥深い田舎で地元の水を使い科学物質をほとんど使わず作られています。

johnstons of elgin

オフィシャルウェブサイト(日本語):https://johnstons.jp/

■Island Bakery shortbread ~アイランドベーカリー ショートブレッド~

英国展でもおなじみのショートブレッド。
地元の再生可能エネルギーだけで作られたオーガニックビスケット。
農薬や人工肥料を使用していない土地で生産された原材料を使用し、生産者まで完全に追跡できることを保証しています。
Great Taste賞とOrganic Food賞を受賞。マル島をが拠点。

Organic Biscuits from The Hebrides in Scotland | Island Bakery
オフィシャルウェブサイト(英語):https://www.islandbakery.scot/

■株式会社TOMBOW(トンボ)とロキャロン社

オリジナルタータンで作られたクマのぬいぐるみと、タータンの生地

学生服で有名な株式会社TOMBOW(トンボ)とスコットランドの名門タータンメーカー・ロキャロン社とのコラボレーションで作られたオリジナルのタータン。
タータンに使われている色は、株式会社トンボのコーポレートカラーの藍色を基調に、会社の経営上、大きな指針となっているキーワードになぞられた4色を加えた5色で作成されているそうです。
なんともソフトな色合いの組み合わせがとても素敵でした。

トンボ ハウスタータン(株式会社トンボ)
https://www.tombow.gr.jp/corporate/anniversary/tartan.html

スコットランドはSDG(Sustainable Development Goals)に力を入れており、今回紹介されていたスコットランドブランドはすべてにおいて環境に配慮され、最先端の技術を取りいれていることも印象的でした。
また、昔からの伝統やファミリービジネスを大切にしていることが特徴です。

今回たくさんのスコットランドの魅力を知ることができ、ぜひいつか訪れてみたい場所としてイメージを残してくれたレセプションでした。

UK Walker

51,158 views

UK Walkerの編集部です。 イギリス、英国に関するさまざまな情報、有意義な情報をピックアップして、みなさまへお届けしてまいります。 ご要望ございました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧